×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「―スキナキモチ―好きな気持ち」  華恋サマ
か「あれ?犬夜叉・・・??ここ・・って・・・?」
マ「あら、かごめ、おはよう^^」
かごめは、昨日の夜、現代に帰って来ていたのをすっかり忘れていた。
か「あ・・・おはよう、ママ^^、」
か「(あたし、昨日テストあるから帰って来たんだった・・・JJ忘れてた・・・。)」
マ「・・かごめ?どうかしたの??」
か「え・・うぅん。なんでもないの^^;」
マ「あぁそう・・・。だったらホラ、早く学校に行く準備しなさい」
か「うん・・・。」 
か「(あれ?なんか、あたしへんだなぁ〜・・・。)」
七「かごめは今日帰ってくるんじゃろか?」
犬「そうだろ。もし帰って来なけりゃ、俺があっちに行ってきてやる!」
珊「でもさぁーかごめちゃんもたまにはあっちでゆっくりさせてあげなよ。」
弥「そうですな〜。犬夜叉、たまにはかごめ様にもゆっくりさせたらどうだ?」
犬「な〜にをノンキなこと言ってんだ!かごめが帰って来なけりゃ、奈落を探せねぇーんだぞっ!」
七「そうじゃ。やっぱり、かごめが早く帰って来てくれないと、忍者食がたりないんじゃぞ!」
珊「・・・・・」
弥「・・・・・」
犬「よしっ!・・・もし今日、日暮れまでに帰って来なければ俺あっちに行く!!」
七「そうじゃ!犬夜叉、行ってこいっ!」 
七宝は嬉しそうな顔で犬夜叉に言った。   
珊「ホントにいいのかな〜・・・」     
弥「まっ、かごめ様も嫌だったら『お座り」でもするんじゃないですか?」
珊「法師様も適当だな〜」

――――――――――日暮れ――――――――――

犬「やっぱり、かごめは来ねーな。」
七「こんのぉ〜・・・。」
犬「よしっ!行くかっっ!!」
今は弥勒と珊瑚、雲母は妖怪退治をしに行ったところで残ったのは、犬夜叉と、七宝だけだった
犬「やっぱり行くしかねーな!」
七「そうじゃ!速く行って、かごめを連れてくるんじゃっ!」
犬「わーてるよぉ!」
そして犬夜叉は骨喰いの井戸に飛び込んだ 
七「ふぅ〜。これでやっとかごめがこっちに来るぞぉ^^」 
七宝は安心しながらそう言った  
七「!!で・・でも今っておら一人か・・・??」
そうである。
七「うわぁーー!!速く帰ってこ〜い!犬夜叉ァー!!」

―――――現代では―――――
か「はぁ〜・・・疲れたぁ〜」    
草「ねぇーちゃん、さっきからなんでそんなにため息ついてるの?」 
か「疲れたからに決まってんでしょーが。」
草「ねぇ・・・テスト、あったんでしょ?どうだった??」
か「あぁーもううるさいわねっ!!静かにしてよっ!!」
草「うわっ!!わかったよ〜・・・JJ」
マ「ねぇ〜かごめ、今日はこっちでゆっくりしていくの??」
か「あっ・・・戦国時代に帰るの忘れてた・・・^^;」
じ「だったら今日はこっちに居ればいいじゃないかぁ?」
か「・・・でも犬夜叉迎えに来るカモしれないし・・・」
ドッドッド・・・
か「(!もしかして、もう来たのかな?・・)」
かごめは廊下に出た
か「!!あんた・・・誰よ!?」   
か「(犬夜叉じゃない?!)」
男「よ〜し!ここは神社だから賽銭箱の中に金でも入ってんじゃねぇのか??」
男2「そうだな。探してみるか・・・」
マ「かごめ?!どうしたの?」
か「ママ!泥棒よっっ!!」
マ「えぇっ!!?」
じ「なにぃ〜?!」
草「は・・速く逃げないとぉーっ!!」
草太は泣きながらそう言った
か「なに言ってんの!お金とられたらどうしよもないじゃないっ!!」
草「でっでも〜!」
その泥棒はナイフを持っていた
男「う〜ん?おいっ!4人位いるぞ!!」
男2「大丈夫だ。脅してやればな・・・」
か「(どうしよう・・・犯人はナイフ持ってるし・・・)」
か「あっ!そうだっ!!」
かごめは思い出して2階に上がっていった
男「っておい!!待ちあがれ〜!!」
男2人組はかごめを追って、2階に行った
か「あっ!あった!!これを使えば・・・」
かごめが手にしたのは、弓矢だった。
いつもは戦国時代にあるが、持ってきてしまっていたのだ。
か「(あっ!来た!)」
マ「かごめーーっ!!」
じ「かごめー!大丈夫かぁ〜!!?」
草「ねぇーちゃん!」
じ「今行くからなっ!」
男「この小娘ぇ・・・」
男2「死ねーー!!」
男2人組は、かごめにナイフを持って走って行く・・・
か「・・・・・・」
かごめは弓で、ナイフをおさえていた  
男2「ぅなっ・・・この女・・・一体・・・」
かごめは矢は持っていなかった人間だから殺すわけにはいかないと思っていた
男「ふん・・・今のうちだ・・・」
か「えっ?!」
かごめが後ろを振り向いた
グサッ!
男3「ふん・・・」
男「おぉ!来たか・・・!!」
犯人は2人だけじゃなく、3人いた
かごめは、ナイフで腕を刺されてしまった 
血がいっぱいでてきていた
か「!くっ・・・痛っ・・・」
か「(犬夜叉は・・・こないのかな・・・?)」
その時・・・
バリーン!!
窓のガラスがわれた音がした
座り込んで、腕をおさえていたかごめがその音のほうに視線をやった
か「!!犬夜叉・・・!!」
犬「な・・・かごめ?!どうした!?その傷!!」
か「ちょ・・・ちょっとね・・・」   
犬「てめーらか・・・てめーらがやったのかっ!!」 
男3「あぁ、そうだぜ。」
犬「許さねぇぞ!!てめーらっっ!!!」
犬夜叉は怒って男達に爪をむけた
か「い・・犬夜叉、待って、ダメ!殺しちゃ・・・」
犬「でもよー!!」 
か「ダメ・・・ただの人間なのよ・・・」
犬「・・・・・」
男「ただの人間?言ってくれるじゃねえか!小娘!」
犬「うるせーぞ!!こんの野郎っ!!」
男2「なんだとぉー?!」
犬「おいっ!!てめーら、反省してんだろうなぁ?!」
男「なんで反省なんかしなきゃいけねぇんだ!!」
か「ちゃんと反省しないと、警察に訴えるわよっ!!」
男「・・・・・」
男2「・・・・・」
男3「・・・・・」  
犬「わかったらとっとと行けっ!!」
犬「反省しねぇーんなら、・・・散魂鉄爪!!」
男・2・3「うひぃーーっ!!」
男「わかった・・わかったから勘弁しろー!!」
犬夜叉は男達の近くにある物にやって見せて、怖がらせて逃がした
か「犬夜叉・・・ありがとう・・・・」
犬「いや・・・別にどってことねぇーよ///」
犬夜叉は顔が赤くなっていた
か「でもさ・・・なんで??来るの遅かったよ?」
犬「あぁ・・・あれはよぅ、草太とかの話し聞いてたんだっ」
か「ふーん。」
七「犬夜叉ぁー!まだか〜」

=続く=
あとがき
犬夜叉とかごめのLOVE×2はこれからですので〜。
でもなんとか出来ました・・・^^;ここまで。
あとは2ですねっ!!頑張って作って行きたいと思います^^

▲このページの上へ



「―スキナキモチ―好きな気持ち2」  華恋サマ
犬「おいかごめ!大丈夫かぁ?」
か「う〜ん。大丈夫…」
犬「ホントかよ?こっちで手当てしてからあっちに行ったほうがいいんじゃねぇか?」
かごめが怪我をしたことを承知して、犬夜叉はまだ行くな、と止める。
か「いいよ!きっとみんな心配してるカモしれないし……。」
犬「………。」
かごめの強さに、犬夜叉は黙ってしまった。
犬「かごめは…」
か「え?なに…?」
犬「かごめは…強いな…。」
か「えぇっ?どうしたの、犬夜叉…。」
犬「…別に……。」
突然、らしくない犬夜叉の言い方に、かごめは少々ビックリしてしまった。
犬「…なんだよ。行くんじゃねぇのか…?」
か「うん、行こうか。」
そう言ってから、犬夜叉とかごめは戦国時代へ繋がっている骨喰いの井戸へ向かった。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★

珊「ねぇ、法師様、かごめちゃん達…遅いね。」
弥「…きっと、なんかあったんでしょうな…。しかし、我々にはなんにもできん。犬夜叉が居れば
 かごめ様も安心でしょう。もう暫く、待ってましょう。」
そう話していた弥勒と珊瑚の間に、巫女・楓が小屋に入ってきた。
楓「…おや、久しぶりだな、法師殿と珊瑚。…犬夜叉とかごめはおらんのか?」
珊「あっ、楓様。お邪魔してました。
  かごめちゃんは実家に行ってて…犬夜叉はかごめちゃんを連れ戻しに…」
弥「楓様、これはこれは…お久しぶりです。
  私達が薬草を取りに行ってきますよ。犬夜叉達が来たら、よろしくお願いします。」
楓「おぉ…すまないな。じゃ、頼んだぞ。わしは2人が帰ってくるのを待ってるからの。」
珊「はい。では…。」
さっきまで元気だった七宝を連れて、弥勒達は楓の代わりに薬草をつみに行った。

犬「かごめ、大丈夫かよ…。」
か「だ〜いじょうぶ!心配いらないわよ」
犬「楓ん所に行ったら、珊瑚とかに手当てしてもらえよ。」
か「うん…。」
なんか少し違う犬夜叉の態度に、おかしいと思い始めているかごめ。
か「…ねぇ犬夜叉、なんか…おかしくない?熱でもあるの?」
心配そうに犬夜叉を見つめるかごめ。。
犬夜叉の瞳には、心配しているかごめの姿は目に入っていなかった…。
別のことを考えている犬夜叉。
その「別のこと」は、桔梗ではないようだ。
かごめも、それはわかっていた。
犬「…もう、わかっちまったか?ふっ…
  お前は勘が鋭いから、俺の考えてることなんざ、すぐわかるだろっ?」
か「うん…、たぶんだけど……昔のこと?」
見切ったかごめをただじっと見つめる犬夜叉。
それと同時に、悲しい瞳をしている犬夜叉。
か「犬夜叉、さっき、『お前は強いな』って言ったよね。」
犬「あぁ…。」
か「あたしは、強くなんかないよ。ただ…みんなの足手まといになりたくないだけだから……。」
犬「ばっ…!ばかぁ!!お前は足手まといになんかなってねぇよっ。」
か「ありがとう。でもあたし、頑張るから…。」
犬夜叉に振り向くかごめ。

その寂しげでもある笑顔に、犬夜叉も目をまん丸にさせ、少しビックリした。
やっぱり『かごめは強い』。そう思ったから……。 それからなにも言わずに、ただ俯いている2人。
2人の間は、そんなに空いていなかった。
逆に、犬夜叉のほうから、かごめに寄って行ってる。
少し、頬を赤くしながら、かごめには気づかれぬように、ゆっくりとかごめに近づく。。
……。
ようやく、かごめとピッタリにくっ付いた犬夜叉。
「フ〜」とため息をつき、ふとかごめに目をやる…。
かごめも、その犬夜叉に気づいたのか、パッとこっち(犬夜叉)を見た。
かごめの瞳の奥は、泣いているようで、なにか悲しいようで…。
いつも犬夜叉を惑わせる。
でもそんなかごめは、愛らしくもあった。
昔、かごめに言った一言―――。
『かごめは俺が守る』―。
果たして本当に守れているのか…?
一時期そう思ったこともあった。
昔愛した女、桔梗―。
今は裏陶によって蘇えったが死人。
『時が止まっている桔梗と犬夜叉は、決して交わることはない』。
そんなことも自ら言っていたような気がする……。
でも……
『かごめ』―――。
この胸で、この心で、何度この名を呼んだだろうか……―。
いつも傷つけてばかりいた、「人間」のはずなのに、優しい彼女。
まるで、一つの光のようだった。
宿敵の奈落にも負けぬ、強い力、あの体力にはこっちが脅かされる。
自分のことよりも、相手のことを想う、弱いはずが、強い光。
その光は汚れがなく、いつも聖上な輝きを持っている。

初めてかごめに会ったとき―――。
俺は、かごめを殺そうとした。
騙された、とばかり思っていた女にそっくりだったから…。
だが、顔は似ていても、性格や、心の温かさは違っていたのかもしれない。
こんなに傍にいるのに―。
どうしていつも気づいてあげられなかったんだ…?
今では、1番大切に想っている、暖かい心の持ち主…、かごめ……。
あの死人の巫女に会ってしまえば、お前はなにもなかったかのように、俺を優しく、いつものように
接してくれる。
そんなかごめは、俺にとって1番大切な……
『人間』なんだ……。
人間なんて、信じていなかった。
例え聖人でも、例え巫女でも……、
心を通い合わせることはできなかった。
「どうせ、裏切られる」。
そう思ったからだ。
人間なんて、殺したかった。
いなくなればいいと思っていた。
でも、かごめ…、
お前に会ってから、俺はすっかり変わってしまったな…。
今では暖かい仲間が居る。
前までは妖怪になって、もっと強くなるんだ、と思っていた。
でも………
妖怪になったら、俺は…
かごめを傷つけることになる…。
こんなに、愛しく想っているのに……。
え……?
今俺、何思ってたんだ…?
『愛しい』……?
誰が…?
パッとかごめの笑顔が浮ぶ。…
『かごめ』か…?

か「…夜叉…? 犬夜叉っ!!!」
何度も犬夜叉の名前を呼ぶかごめ。
何度呼んでも気づかない犬夜叉。
さすがに頭にきたかごめ。
か「…おすわりっ!!」
犬「グエッ!!」
一瞬にして、犬夜叉が地面に潰れた。
やっと我に還った犬夜叉。
犬「はっ……。」
か「もーっ!!犬夜叉、あんた鈍すぎょ…」
最後の、「よ」が小さく聞こえた―。
犬「黙ってろ…。」
低い声でかごめに言い放つ犬夜叉。
犬夜叉がかごめを抱きしめた。

犬「かごめ…、俺は気づかなかった…。」
か「?なにを?」
犬「…///お前のことが、好きだってこと…///」
か「えっ…!?ウソはやめてよっ。///」
犬「ウソじゃねぇっ!!本気だっ!!///」
そう言って、かごめの唇に口付けた……。
2人とも顔はもう真っ赤。
やっと離した犬夜叉。
犬「…かごめ、俺、お前が好きだ…。
  だから、これからも、ずっと…俺のそばに居てくれるか…?」
か「犬夜叉…。
  当ったり前じゃない!w」
やっと素直になれた犬夜叉に、嬉しさが増すかごめ。
その熱々の姿を、少し遠く離れた木の陰で見つめる、法師と退治屋。
珊「うわっ!!犬夜叉も大胆なことするんだね〜……。」
弥「フッ。やはり、私がみた通りだなっw」
珊「なにをみたの??」
弥「いやいや…。なんでもありませんよ。
  それよりも珊瑚、ささっ!私達もっ…!あのお二方のように熱々になりましょうw」
珊「うわっ///」
弥「珊瑚は私のものですよ〜ww」 ←笑。
この2組のカップルがこれからも熱々になりますようにっww

かごめ、この気持ちを気づかせてくれたのは、お前の御陰だからな…。
『ありがとう』

☆END★
あとがき
あいやー…。
またやってしまった……(何が
またCPの小説や……(ぇ
今度ゎ友情小説(?)みたいなもん、書きたいと思ってます!w
あと、ここまで読んで頂けた方っ!!w  
ありがとうございます。
お疲れ様でした〜(●´∀`●)ノ
これからも何卒、よろしくお願いしますっ☆★(ぇ
以上っ!!
華恋でしたぁ〜ww
皆様もお幸せに!w(ぇ
でゎww

<<トップページに戻る

▲このページの上へ