×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「弥勒と珊瑚」   優サマ
季節は、弥生の中旬。
かごめはテストがある為、現代へ戻っている。
犬夜叉はかごめに今度ばかりは来ないでと言いつけられ、
仕方がなく戦国の骨食いの前で待つことにした。

早朝。
まだヒンヤリと寒く、楓の小屋で火にあたって暖まる、楓、七宝、弥勒、珊瑚。
「珊瑚。すまぬが、犬夜叉を呼んできてくれないか?朝飯にしよう」
「分かった。七宝、一緒に行こう」
珊瑚は七宝と犬夜叉を呼びに行った。

昼過ぎになると、少し暖かくなってきた。
楓は外出中。
犬夜叉と七宝はまた、骨食いの井戸の前でかごめを待つ。
小屋の中で二人きりの弥勒と珊瑚は、退屈してる様子。
「誰もいないと、本当……ヤル気が出てこないね。ね、雲母」
み〜と、珊瑚に答えるかのように雲母が鳴く。
そんな珊瑚に、弥勒は言った。
「では、その辺を散歩しましょうか?」
「――――。えっ?だ、誰と……!?」
「私と決まっているじゃないか」
珊瑚は急に、心臓がドキドキしてきた。
だが、ずっと小屋の中にいても、つまらない。
弥勒と珊瑚は一緒に、近くを散歩することにした。
「見て!法師様!桜の木に蕾がついてるよ!」
「本当だ。春はもう目の前に来ているということですな。
 ……珊瑚、足元もご覧なさい。小さな花の蕾が沢山ついている」
「はははっ、カワイイね!」
そこらを散歩すると、色んなものを発見する。

適当に歩いてると、いつのまにか村はずれの、何もない原っぱへきていた。
ここも花の蕾がいくつもあり、既に咲いていている何輪もあった。
「大分歩いたな。少し、休もう」
大きな木に腰を下ろす二人。
珊瑚はあることを思いついた。
「法師様、この花で花環作ってあげる!」
「作れるのか?」
「……失礼だね。昔、里でよく作ってたんだから!」
珊瑚は草原に咲く花を何輪か摘み、花環を作り始めた。
そんな珊瑚の姿を弥勒はじっと見つめる。
まもなくして、花環は出来た。
「はい、法師様」
「ほお〜、これはまた上手くできてますなあ」
珊瑚の顔は梅色。
心臓はまだドキドキしていている。
その時、珊瑚は嫌な感触を感じた。
弥勒にまた、尻をなでられていたのだ。
「触るところが……違うだろ!」
珊瑚は弥勒の頬を引っ叩く。
「――――。珊瑚が私に背を向けますから」
「だからって……触ることないでしょ!?」
こんな事、いつものことなのに今日はそんなに頭にこない。
そこに、暖かい風が吹いてきた。
「いい風だ……もうすぐ春だな」
風を浴びながら、珊瑚は、青空をいっぱいに眺めていた。
その時、太股に重いものがのしかかった。
下を向くと弥勒の頭が乗っかっていた。
「……法師様!?」
弥勒は目を瞑りながら、珊瑚に言った。
「し……っ。こうしてると、とても落ち着くんだ……」
小声で弥勒が言うと、弥勒はそのままスーっと眠ってしまった。
いつも冷静、時に強気な弥勒でも、寝顔は愛らしい赤ん坊のまま。
弥勒の寝顔を見つめる珊瑚。
「今日くらい、特別に許しあげるよ。おやすみなさい、法師様」
そして珊瑚も、木にもたれて眠った。

目を覚ますと、夜になっていた。
日が沈んだせいで一気に冷え込んだ。
弥勒と珊瑚は急いで、楓の小屋へ戻る。
「……くしゅん……」
珊瑚は思わずくしゃみをした。
「寒いか?……これを――。これで少しは寒さを凌げたらいいが」
弥勒は袈裟を脱ぎ、珊瑚の体に羽織った。
「えっ。でも、法師様が……」
「私は平気ですから。お前が着てなさい」
二人は偶然、かごめと、犬夜叉、七宝が歩いてきた。
「珊瑚ちゃん、弥勒様!」
「かごめちゃん。おかえり」
「おめえら、こんな刻限まで何してたんだ?」
「そんなこと言えません。私と珊瑚の二人だけの秘密ですよ」
かごめと七宝は密かに察した。
だが犬夜叉は相変わらずの鈍感で、全く気づかない。
尚しつこく弥勒に迫る。
「秘密だとぉー?何したかくらい、言えばいいじゃねえか。ほら、とっとと言えよ。ほらっ、ほら!」
しつこく迫る犬夜叉に、弥勒は急に態度を変えた。
「犬夜叉……秘密と言ったら……秘密だ!
 いつまでもシツコク聞いてくんじゃねぇよッ!このボケ!アホ!」
弥勒が不良になってしまった。
皆、五十メートル引き下がった。
「や、やっぱ弥勒はとても法師とは思えん」
「ね、ねえ、もういいから帰ろ!いつまでも外にいたら、風邪引いちゃう!」
「そうですな。帰りましょう」
「……ってぇ〜。ったく、弥勒の野郎〜……」
弥勒の不良を久々見た後、一行は楓の小屋へ戻っていった。
弥勒は冷たくなっている珊瑚の手を手をつないで暖めている。
「ねぇ法師様、耳かして!」
「はて、何でしょう?」

珊瑚が言った後、弥勒も珊瑚の耳元で、言葉を返した。

――THE END――

-今日はありがとう。法師様、大好き!-

-私もですよ、珊瑚-
あとがき
短編第二段です。
“HANABI”を書いたその年の冬に書いたものです。
自分が書いて思ったコトw
こういう優しくて、頼りがいのある彼氏……欲しいなあ……w

<<トップページに戻る

▲このページの上へ