×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

少年サンデーコミックス 17巻
犬夜叉 (17)   出版社・・・・・・・・小学館
  発売月・・・・・・・・2000年8月

表紙
獣郎丸って髪の毛ホント綺麗だよなぁ…まあ全体的なビジュアルが獣郎丸は美!ですが。
折りこみ
表紙では描いてもらえなかった影郎丸。髪質はやはり獣郎丸には劣りますな。
中表紙
闘鬼神と、灰刃坊の首にかかってる髑髏のネックレス?
裏表紙
朔犬は弱いのに、変化しない鉄砕牙を手に頑張ってかごめを守る所がたまんないっすね!胸の所の蝶々結びの紐が2本なのは、ここにきて少し珍しい。初期は2本だったんですが。


1話 闘鬼神
邪見甦りました。よかったねー。殺生丸さまの心配りに私も感動。体が真っ二つにされてても、天生牙で生き返れば体をくっつけるだけで甦ることができるみたい。でもこれは邪見が妖怪だからだよね…?もしこれが普通の人間だったら、甦っても体が真っ二つだったらくっつかないだろうし、すぐ死にそうだし。まぁ天生牙って生き返らせることができるだけで、元の体に戻したりとかできませんもんね。あ、でも出血とかは止まるのかな?りんちゃんのようなケースもあるし。
朔犬イイヨネ…!!(黙れ)犬夜叉は人間の姿の時に眠ったことはないらしい。これまでずーっとそうしてきたんだろうなぁ…
「使い手をやるしかねえなっ。」って久々に弥勒の不良言葉が出たーっ!これまたこんな感じで1人の時やモノローグやらで、時々出るのがいいんですよね。かっ…かごめ、なんたる暴言…!私も薄々感じてはいたけれど(笑)!だって弥勒って、初登場の辺りで結構犬夜叉と錫杖とかで互角にわたりあってたのに、以降風穴とか助平法師ぶりが目立ってて;犬夜叉は人間だし、珊瑚も飛来骨がダメになってしまったから、弥勒のカッコいい出番を久々に拝めて嬉しい限り!
灰刃坊は自分が打ち起こした闘鬼神に取りつかれてしまったようです。闘鬼神は刀ではなく剣なんですね。刀は片刃、剣は両刃…と、これも犬夜叉で覚えました。私の中学時代って…

2話 蘇る鉄砕牙
弥勒に頭を割られた灰刃坊は、まだ生きているんでしょうか…?闘鬼神に操られているみたいだけど、刀々斎との会話は灰刃坊自身の言葉ですし。闘鬼神には、犬夜叉に殺された悟心鬼との怨念だけでなく、刀々斎に破門された灰刃坊自身の怨念がたっぷり詰まっているとは思いますが。
人間の犬夜叉から半妖に戻る時のあの中途半端な感じもスキダ!朔犬は何と言っても黒髪で手負いなのがいいんです、これ私論。そうか、私は横顔で牙が見えてるのが好きなんだ。鋼牙の横顔も好きだし。朔犬に牙、そして手負い!この状態が1番そそりますな!(殴

3話 闘鬼剣の使い手
変化する前のボロい鉄砕牙は普通だけど、変化した後の鉄砕牙だけ犬夜叉の牙の影響で重くなるようです。刀々斎もそれを分かってて犬夜叉の牙をつなぎに使ったのかな。重くなるだろうけどいっか、みたいな。犬夜叉も鍛えれば今以上に力は強くなるんでしょうか…
いくら闘鬼神がすごい力を持った剣であっても、使い手がいなければその力もどうしようもないんですよね。使い手である灰刃坊を倒せば、剣だけではどうにもできないのです。ま、これは色んなことに言えますけど。
あわーっ、殺生丸様が阿吽(アニメで命名?)に乗って天空からご登場だーっ!阿吽の手綱さばきもお美しいです。闘鬼神って殺生丸が持つと本当に雰囲気がぴったりで驚きました。スマートな剣のデザインが、殺生丸の雰囲気と合っているというか。構えた時に刀よりも剣のほうがなぜか様になってる殺生丸様が素敵です。

4話 血の匂い
殺生丸に鉄砕牙が少し重くなったのかと聞かれて「す…少しじゃねえ バカヤロー!」と返す犬夜叉がかわいい。図星だから言い返すことができなくて出た「バカヤロー」がかえってかわいらしいというか、犬夜叉らしいというか。
殺生丸が闘鬼神をスッと犬夜叉のほうに向けただけで、犬夜叉が剣圧で吹っ飛ばしてしまったのには、闘鬼神が魔法の杖のように見えました(笑)
完全に妖怪化した犬夜叉には、あの殺生丸様が一瞬でも恐れを感じてしまうほどらしい。完全に妖怪になるってことは、妖怪であるお父様の血が100%になるわけだから、血的には殺生丸と同じになるんですよね。心は支配されてしまいますが…妖怪化した犬夜叉と殺生丸の戦い、いいことではないけど、どんな戦いになるのかちょっと見てみたいような気もします。

5話 本当の強さ
やっぱり通常時の鉄砕牙は犬夜叉の牙の影響で重くなったりはしないみたいです。普段から重かったら持ち運び大変だもんね…水も滴るいい男な犬夜叉がかわいい…(話が変わりすぎだ)
犬夜叉と鉄砕牙の関係を知っていて、犬夜叉のためにはどうすればいいかを本人の知らない所で相談する一行の様子がなんだかいいな。信頼とか思いやりとか、犬夜叉にはいい仲間が出来たなぁ;;とつくづく思います。
刀々斎の言葉には弥勒でなくとも拍手!ですな。犬夜叉が鉄砕牙を手放して妖怪化したものは、刀々斎が言うように、本当の強さをそなえた妖怪ではなくただの「バケモン」なのかもしれません。
神楽は自分ではどうしようもないため、殺生丸に奈落を倒すようにそそのかしにきました。奈落パパ嫌われてるなぁ…新たな分身にも首落とされてるし。神無はそんなに反抗心は見えないのに。
殺生丸にいいと言われるまで言われた通りじーっと動かずにいるりんちゃんがかわいすぎる!あの殺生丸様に気遣ってもらえるりんちゃんが羨ましすぎる!!

6話 四匹め
奈落に反抗するのは神楽だけじゃなかったー、悟心鬼もこんな感じで奈落に脅迫されたに違いない。家臣に殿と呼ばれる奈落がいいな。なんかいい。
鋼牙は銀太と白角と狼数匹を連れて、洞穴を出て仲間の仇である奈落を追っているようです。銀太と白角以外にも、奈落の城に行かなかったおかげで殺されなかった妖狼族もいただろうに…途中で鋼牙に付いていけなくなって、最終的に残ったのが銀太と白角なのかな。なんにせよ、銀太と白角の鋼牙への思いは強いみたいです。頭なのに呼び捨てとか、普通にタメ口なのが好きです、妖狼族。
鋼牙はかごめを犬夜叉に「預けておく」らしい。まあ裏を返せば、それまでかごめをしっかり守っておけと、犬夜叉の強さを認めているわけなんですけどね。今回は強引に連れて行こうとはしませんでした。まずは仲間の仇を討つのが先なんでしょう。
奈落(傀儡)が獣郎丸を入れた檻をつんで、骨だけの馬みたいなのに乗ってやってきました。ドナドナドナド〜ナ♪奈落の城からここまでこの姿で旅をしてきたかと思うと、道中微笑ましいですな。

7話 獣郎丸
奈落の分身4匹目、獣郎丸の登場です。私は漫画の描き方とかはよく分からないんですが、獣郎丸はペンタッチが他キャラとはちょっと違うような気がします。さらさら〜っとした髪の毛が美しい美男子。やはり悟心鬼とは登場の仕方が違います(笑)
鋼牙は逃げていってしまいました…犬夜叉たちと会わなかったら逃げられなかっただろうなぁ、獣郎丸は鋼牙に匹敵するほどの動きの速さらしいし。
轡(くつわ/難しい漢字ですね…)の封印を解いてお役御免となった奈落(傀儡)は早速獣郎丸に首を落とされました。本当に好かれてないんですね…奈落って。地面に落ちた狒々の首が少し物悲しいです。

8話 解かれた封印
封印と解かれた獣郎丸は口からごぼごぼと変な汁を出しとります。影郎丸が外に出てきた後はその汁も口から出ていないので、あの汁は影郎丸…が外に出る前に出る汁?一言も喋らず黙々と速い動きで攻撃を仕掛ける獣郎丸の薄気味悪さがいいですね。それとは対照的によく喋るのが影郎丸で。
鋼牙はやはりちょっとおバカな所があるようです、しかしそこがかわいい。鋼牙にとって、自分が敵いそうもないヤバい敵であることを察して、やられる前に逃げるのが利口、逃げないのはバカという考えらしいです。その考え方、嫌いじゃないさ!それを自信満々に言うのがまたいいんですけどね!
影郎丸、顔はいいのに体がっ…!犬夜叉、久々にお腹に穴が開いてしまいました。殺生丸様以来?

9話 影郎丸
影郎丸は獣郎丸の腹の中で眠らされていたらしい。獣郎丸って口から出てきた(ですよね?)わりにはデカいな…それにしても、人間タイプの顔が付いているというビジュアルは気持がいいもんじゃないなぁ。と思ってたら鋼牙が「ふざけたかっこうした妖怪」と言ってくれました。よかった、そう思ってたの私だけじゃなかったのね…。
珊瑚を庇って、影郎丸の攻撃を受けた弥勒に愛です。最強だと思われていた弥勒の風穴も、動きの速い相手にはあまり有効ではないみたいです。
やっぱり鋼牙は犬夜叉をかごめの護衛程度にしか考えてないんでしょうか;かごめと犬夜叉の仲が進展する心配はないのかな…後からいくらでもかごめの気持ちを自分に向けさせる自信があるんだろうけど。やっぱりまずは仲間の仇討ちなんでしょう。
そんなわけで、弥勒と珊瑚は戦えないので、犬夜叉と鋼牙が協力して獣郎丸と影郎丸に挑みます。

10話 二対二
この回の表紙の犬夜叉って、映画第1作「時代を越える想い」のポスター等に描かれていた犬夜叉の元だと思うんですが、どうなんでしょう?
犬夜叉VS獣郎丸、鋼牙VS影郎丸の2対2の戦い!少年漫画ではよくある感じですが、こういうの好きです。犬夜叉と鋼牙が背中を合わせているのがいい!戦闘中に背中を預けられるのは、相手を信用している証ですから。うんうん、やっぱりこの2人は似たもの同志気が合うんですよ。
鋼牙は影郎丸の動きを見極め、速さに付いていけてます。獣郎丸から寒気を感じて逃げたりと、そういう察知能力は鋼牙は高いみたいです。
で、犬夜叉はあくまでも鉄砕牙で戦おうとするんですよね、重いのに。鉄砕牙は鞘におさめて、自分の爪で戦ったほうがいいんじゃないかとも思うんですが、そこは刀々斎にも言われたように鉄砕牙を使いこなせなくちゃいけないわけです。
最後の犬夜叉の目をかっぴらいた「な…にい〜?」のコマが好き。(ただ書くと某お笑い芸人のネタっぽいですが...;)

<<トップページに戻る

▲このページの上へ