×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

少年サンデーコミックス 3巻
犬夜叉 (3)   出版社・・・・・・・・小学館
  発売月・・・・・・・・1997年10月

表紙
「かごめはおれが守る!」みたいな図。枠や表紙からはみ出す鉄砕牙が迫力アリ。今ではちょっと珍しい大胆な表紙です。
折りこみ
この絵だけ見ると、一昔前のホラー漫画みたいだ!!
中表紙
受験生らしく勉強中のかごめ。ぐでーっとしてるブヨが可愛いv
裏表紙
たぶん私は彼よりも年上になったと思うのですが、なんだか弟みたいでラブリ〜な信長。



1話 物の怪の城
かごめは水着持参。掲載当時は流行っていたのかもしれませんが、水着の柄大人っぽいですねー。あんた本当に中3デスカ!?
そしてそして、私が愛してやまない信長くんの登場です。天然で一途な所が可愛すぎる。まだこの段階では登場していませんが、彼は少し北条くんに似ているような…。
この前は、秋か冬だと思ってたら桜が咲いているのでどうやら春になってしまったようです。まぁ犬夜叉には、季節は関係ないみたいです。サザエさん風です。
かごめ、なんと犬夜叉にドッグフードを…!わざわざ現代で買ってきたんだろうな〜。ブヨは猫だからドッグフード食べないだろうし。でもきちんと歴史の参考書も持ってきているところは、さすがは受験生。ちょっとミーハーなかごめが好きです。
露姫さまもとっても可愛らしいお姫様ですね。でも、私はとにかく信長が大好きなので、九十九の蝦蟇編は信長への愛が3巻の感想の中心で叫ばれることでしょうv(何それ)


2話 九十九の蝦蟇
信長可愛いです、天然炸裂です。露姫に忘れるはずないと言われて照れる信長…あの…私が照れ顔に激弱いのご存知ですか!?あのもじもじした動きが、らんまの良牙みたいで可愛らしいです。
信長登場時からさりげな〜く目立っていたお猿の日吉丸。どこかの犬夜叉関連の本で読んだけど、日吉丸って名前は織田信長の家臣だった豊臣秀吉の幼名だそうで…!一言も喋ってないのに、なんで動きだけでこんなに笑いを誘うのでしょうか!るーみっくワールドですねぇ。
それにしてもなぜ武田の国は、お姫さまの様子を視察・場合によっては無事に連れて帰るなんて重要な使命を信長なんかに託したんでしょーね…確かに信長は良い人だけど…;
露姫と信長は幼馴染みだそうで♪天然で、池に落っこちたりして露姫と楽しく過ごしてそうな信長の絵が頭に浮かんできますねー。あ〜〜、この2人のほのぼのした幼少期を、公式でも二次創作でも何でもいいから見てみたい〜〜!!好きだー、信長っ!!
蝦蟇から露姫を守ろうと立ち向かう信長。命をかけても好きな人を守ろうとする姿がステキ…って、冥加はともかく日吉丸もちゃっかりかごめの腕にしがみついてるよ…、2人ともある意味主人想いですね…。


3話 残された心
ええ〜…、逆髪の結羅に続いて、九十九の蝦蟇の読み方に関してなのですが…。私ずっと「くつも」の蝦蟇だと思ってましたヨ;正しくは「つくも」の蝦蟇です。私のPCの変換機能も、まるで私を馬鹿にするかのように一発で変換して出てきやがります。
「一応」人助けなので、鉄砕牙をしっかり使いこなせている犬夜叉。でも、殿の心が残っている蝦蟇を殺さなかったのは、大きな心境の変化ではないでしょうか。うーん、でも犬夜叉って元々こういう性格だったんだと思います。最初の頃はちょっと生意気だっただけで。あー、成る程!蛙のお殿様だから「殿さま蛙」ね。犬夜叉結構イイとこ気づきました!
露姫さまの幸せ者ーっ!うっ…うらやましい…いいぃぃい!!信長に命はってもらえて、抱きしめてもらえて、私だったらまさに「わが人生に悔いなしっ。」って叫んじゃうけどなぁ。


4話 命乞い
あの…彼を主人公にした物語を作ってクダサイ(人任せ)。なんなんでしょうか…この戦乱の世にまだこんな心を持った、そうまるで戦乱の中のオアシスのような人がいただなんて。少年漫画だと、こんな性格っぽい人が主人公であることが多いですが、ここではそうではありません。でも、そんな信長の姿を見ている犬夜叉に変化をもたらすのです。
そして見事、犬夜叉とかごめの連携プレー(?)で蝦蟇を殿の体から追い出すことに成功!う〜ん、やっぱり初期はまた違った話が読めて面白いなぁ。
露姫は、たぶん国同士の同盟のため〜とかで政略結婚で嫁いできたんだと思いますが、殿も良い人そうで良かったです。殿の露姫もお互いのこと大切に思ってるみたいですし。
叶わぬ恋と知りながらも、露姫を小さい頃から想っている信長…とにかく信長大好きです!以上!!その馬鹿さ加減が、ここにいる1人の人間の心をかっさらったんだ。それでいーじゃないの。


5話 肉づきの面
極度の怖がりの私は、この話を夜に読めません。といか言いながら、コミック片手に感想を書く深夜の私。
前回のほのぼのした感じで、かわいいかわいいかわい...(略)信長くんが登場する回とは打って変わって、もう完全にホラーです。お面ってこんなにも不気味だったのね…。
そうそう、忘れてましたがかごめって受験生なんですよね。出席日数足りないとダメなんだ〜、今はそんなに推薦狙うとかでなければ気にしないのですが。
やはり日暮神社は、結構有名で大きい神社のようです。お面を持ってきたおばさんですが、お祓いってやっぱりじいちゃんがやるんですよね…ふ、不安だ…。でも大丈夫!じいちゃんの3日の祈りは成就したから!!このお面ですが、戦国時代に彫られたとか。何やら犬夜叉の世界へとリンクしてそうな感じが漂っております。お面が顔にくっついて、スゥ…と顔をあげる女の人、こえええ;
北条くん登場!どこかズレてるけど爽やか〜で、どうやら人気があるみたいです。かわいい。でもかごめの理想の人は、犬夜叉と正反対の人らしい。確かに正反対だわ(笑)
最後のコマにて、外の暗闇にカタタタと浮かびあがる肉付きの面が怖すぎる…やっぱり夜に読むんじゃなかった…


6話 壊れた体
かごめもMO●O消しを愛用しているようです。私も、そして留美子先生もそうなのよー。…と話をそらそうとしてもそらせません。最強のバカップルと呼び声の高い、馬夫さんと鹿子さんが登場。2人合わせて「馬鹿」なのは皆さんお気づきだとは思いますが、らんまにも出てるとか…?(読んだけどよく覚えてない;)
かごめは校内で30番以下取ったこと無いんだって。勉強はできるほうみたいです。北条くん、今回は青竹をかごめにプレゼント。あの〜…、私青竹すっごい欲しいんですけど…踏むんでください、北条くん。でも北条くんのプレゼントって、ほとんどじいちゃんが愛用してそう(汗)デートに誘う北条くんの照れ顔がこれまたかわいーっ。
追試にひっかかってしまったかごめ。そんなに明るく伝えないで…先生…;涙で犬夜叉を困らせるとは、ポイントつかんだわね、かごめ!(かごめはそんなに計算高い女ではありませんが)「どう責任とってくれるの!?」ってそりゃあその時はもちろん、犬夜叉がおヨメさんにもらってあげるよv
あ゛〜あ゛〜あ゛〜…;;肉づきの面が公園で中学生を襲うトコ…やっぱし夜は怖い。お面の真ん中が割れて、歯がでてきて人を襲うなんてまるで「寄生獣」に出てきそうな…。あの漫画もご飯の前後に読むのはやめようネ。(学校の昼休みにお昼食べた後に読破した私からのアドバイスv)


7話 人を喰う面
肉づきの面が起こした事件は、どうやら迷宮入りしそうな感じ。でも、そんな不可解な事件があった公園にはあまり近づきたくないような…;こんな事件、今私がいる世界で起こったらかなり怖いな〜;
犬夜叉、いつかごめの部屋に入っていつ数学の参考書とってきたんでしょう。初めて犬夜叉を読んだ時、まだ私は小学生だったので全然理解できなかったこの「呪文」ですが、今は理解できることに時の流れを感じました。不等式って高校1年で習ったよ…私。指導要領変わっちゃったもんね。牛の気持ちお構いなしに、牛にまたがって参考書読む犬夜叉が可愛いです。もう本当に初期の犬夜叉は、表情が可愛すぎっ!
草太は怖くてお姉ちゃんと一緒に寝たいってカワイすぎです。中学生を取り込んだ肉づきの面は、中学生が身につけていたアクセサリーなどを身にまとってオシャレに再登場(泣)!!草太がとにかく可愛い。勇気をだして井戸に飛び込んで「ねえちゃんが死んじゃうよーっ。」って泣きながら言うところがなんとも…井戸の底の土を手で掘って「つながれっ」ってのも気持ちが伝わってきます。


8話 助けてやるが…
犬夜叉と草太の服のトーンが一緒です。2人がくっついてる所では2人が溶け込んで見え…ません。一時は犬夜叉のことを見直した草太ですが、犬夜叉の心の狭さに気づいてしまいました(笑)。ある意味草太のほうが大人か!?でも犬夜叉のにーちゃんって呼んで、慕っているのには変わりないようです。
「ちっとも真心がこもってねえ…」ってカワイイぞ、犬夜叉!もう表情が可愛すぎっ、草太に心の狭さを気づかれたあとのコマなんて特に好きです。
肉づきの面は、四魂の玉をうけた大桂の木から彫りおこされたそうです。うむむ…犬夜叉の戦国時代の未来が、かごめの住む現代だとすると、これって結構重要ポイントかも…詳しくは次回の話にて↓


9話 片割れ
肉づきの面ごと鉄柱に叩きつける犬夜叉。腕が鉄柱に食い込んでます。やっぱり犬夜叉の力と頑丈さはすごいですね。
現代にも四魂のかけらがあるかもしれない、ってすっごいキーポイントっぽくないですか!?物語初期にこんな重要ポイントを!?ってことは、結局かごめたちは戦国の世で四魂のかけらを集めきれずに現代にまで至ってしまうのか。それとも、全部集めたけど何かの理由によってまた砕け散ってしまって現代に至るのか。それとも…?そう考えていくと、物語の結末がなんとなく示されてくるような。でも、犬夜叉の戦国時代とかごめのいる現代は直接つながっているとは限らないし、未来は変わるかもしれません。深く考えていくと非常にごちゃごちゃしてくる難しい問題なので、ここで終了!(おい)
犬夜叉とかごめの仲も少しだけ進展?こんな微妙な関係の犬夜叉とかごめが1番好きです。そして、北条くんもめげずにファイト!


10話 狐火
犬夜叉にはどうやらカップ麺が口に合うようです。なんかもうちょっとこう…かごめの手料理を大絶賛vとかだとムードもいいんですが、そこはなんとも犬夜叉らしいというか。
七宝登場です!「殺すぞ〜」って犬夜叉の頭かぷってかむとこがかーわいっ!留美子先生のひらがなの書き文字、いつも可愛い響きで大好きです。
仇討ちでました。やっぱりこういう少年漫画には、仇討ちとかそういう言葉は不可欠です。にしても、飛天のあんちゃんはかっこかわいすぎですね!この兄弟はすごく仲が良さそうで、犬夜叉と殺生丸の兄弟も少しは見習って欲しいもんです。殺「おもしろかったであろう、犬夜叉。」犬「だよなー、殺生丸の兄貴っ!」なんて2人は想像できませんが…。
半妖って、今までそんなの全然気にしてなかったけど、妖怪から見れば劣っている生き物なんですね。犬夜叉はそんなのにはめげないけど(きっと辛い過去があったに違いない…;)。
七宝のお地蔵さんの技は、結構強いと思います。あの犬夜叉が一歩も動けないんですから。七宝のお父さんは、完全な狐型の妖怪のようです。七宝みたいな人間型にも変化できるのかな?だったら七宝も、狐型に変化できる…つまりはうる星のキツネ再来d...(略
満天の悩みは髪の毛のようです。ブラシらしきもので頭皮をたたいて血行促進(笑)。満天は四魂の玉の気配が分かるみたい。こりゃスゴイよ。

<<トップページに戻る

▲このページの上へ